知って得する不用品回収のいろは

- 特例的措置はあるのか

特例的措置はあるのか

粗大ゴミの処分をしたいという時、47都道府県各市町村において回収依頼をすることは出来ます。
粗大ゴミそのものに料金はかかるものの、手数料・運搬費用などは一切かかりませんから比較的に安価で利用が出来るでしょう。
スタンスによっては回収業者に依頼をするよりも圧倒的にコストパフォーマンスが良いという事も多いかと思います。
ただし、自治体での回収となると「自ら粗大ゴミを運搬する」という事になります。
重たいもの・大きいものでも自ら指定ゴミ捨て場まで出さなくてはならないのです。
といっても、こちらは自治体ごとに変ってきますが特例的な措置を取ってくれるという場合もあります。
先ずはご高齢者の方。
70歳・75歳以上の「1人暮らし」の方は作業員が運搬をしてくれるというケースも。
年齢を証明できるものの提出が求められるかと思います。
また、障碍があるという方。
こちらの場合に置いても確認作業があります。
障碍者手帳を予め用意しておきましょう。
また、電話申し込みをする際に特例措置をお願いしたいという事を伝えるようにしてください。
特例措置に関してですが、全部の地域自治体が行っているとは言い切れません。
またその基準に関しても自治体ごとに異なるというケースもありますのでお住まいの地域のサービス内容を今一度確認してみると良いでしょう。
あくまで特例的なものですから、妊娠をしていて身体が思うようにならない・怪我をしているなどという場合は対象外となります。
ご高齢者の場合も、同居をしているという場合ですと対象外になります。
もし、女性の1人暮らしなどで1人では運搬し切れない・・・という時は、第三者に協力を仰ぐか民間業者を利用していただくという形になるでしょう。
自ら運搬することがデメリットだと感じる方も多いと思いますが、料金的な問題などを考えるとメリットも多い自治体サービス。
様々な角度から比較検討をして、自分自身が納得しスムーズに処理が出来る方法を選ぶと良いでしょう。

Copyright(C)2016 知って得する不用品回収のいろは All Rights Reserved.