知って得する不用品回収のいろは

- 回収できない品目はあるのか

回収できない品目はあるのか

不用品回収を自治体サービスを利用して回収してもらいたいという方もいらつしゃるでしょう。
各47都道府県・市町村ごとにこのようなサービスは存在していますので利用してみると良いでしょう。
不用品回収は、自分が不必要だと思ったものを基本的には回収してもらえますが「全ての品目」であるとは限りません。
基本的に覚えておくと良いのが「家庭ごみ」であることです。
それでも中には回収不可と言うものも存在しているのです。
分からない場合は、小冊子や広報誌・役所に電話などをしてみて確認すると良いでしょう。
また、各市町村ごとに品目が若干異なるというケースもあります。
回収不かな物に関してですが、どの自治体に置いても出来ないものが「医療機材類」かと思います。
薬品の瓶や点滴パック・注射器などは回収不可能となっています。
専門の回収業者を利用すれば片付けることは可能ですが、このようなコミが一般手会で出てくるという事は先ず無いでしょう。
次に家電リサイクル法によって指定されている対象品目です。
以前はその品目などが分からないという方も多かったようですが、最近では認知度も広がってきました。
このような不用品が出てしまったという場合には、メーカー処分や一般の回収業者などを利用すると良いでしょう。
そして食品類。
瓶詰め・缶詰といった加工品であっても対象外となります。
未開封であっても中身は不燃ごみ・瓶や缶は資源ごみや不燃ごみとして出すようにしましょう。
最後に、先にも触れましたが一般家庭から出るごみというのが回収の基本ですので事業系のゴミは小さなものであっても回収はしてもらえません。
仕事に使っていないものであっても、業務用の冷蔵庫といったものも回収不可となるケースが多いでしょう。
また、建築資材なども回収不可という地域が多いので注意をしてください。
事業系ごみに関しては専門の業者などがいますので、そちらに相談・依頼をしてみると良いでしょう。

  ← 前の記事:   次の記事:
Copyright(C)2016 知って得する不用品回収のいろは All Rights Reserved.